isuca サービス利用規約

本規約は、ソニー株式会社(以下「ソニー」といいます)が提供する映像録画・音声録音及び販売サービス「isuca」(以下「本サービス」といいます)を利用するための条件を定めた規約です。本サービスをお申込みになるお客様(以下「お客様」といいます)は、本規約をよくお読みになり、内容についてご同意いただいたうえで、本サービスへのお申込み及びご利用をお願いします。また、20歳未満のお客様は、本規約の内容について親権者の同意を得たうえで、本規約への同意および本サービスへのお申込みをお願いします。

第1条(定義)

本規約で用いる用語の定義は次の通りとします。

  1. 「録画・録音サービス」とは、ソニーが自己のシステム及び機材を利用して、お客様のパフォーマンスを録画及び録音するサービスを意味します。
  2. 「映像・音声販売サービス」とは、録画・録音サービスにおいて録画された映像及び録音された音声を、ソニーがお客様に販売し、お客様がソニーから購入するサービスを意味します。
  3. 「施設」とは、お客様がパフォーマンスを行う、ライブハウス、コンサートホール、会議室、宴会場等の施設を意味します。
  4. 「ダウンロード期間」とは、お客様が、ソニーから購入映像等をダウンロードするための案内メールを受領した日から2週間の期間を意味します。
  5. 「反社会的勢力」とは、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に定義される暴力団、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に定義される暴力団員、暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団およびその他の暴力的な要求行為もしくは法的な責任を超えた不当要求を行う集団または個人を意味します。
  6. 「購入映像等」とは、お客様が映像・音声販売サービスにおいて購入した映像又は音声を意味します。

第2条(本サービスの内容)

  1. ソニーが提供する本サービスの内容は、以下の通りとします。
    1. 録画・録音サービス
    2. 映像・音声販売サービス
  2. 本サービスの提供期間は、お客様が施設でパフォーマンスを行った当日からダウンロード期間終了日までとします。
  3. ソニーは、本サービスの一部または全部を第三者に委託することができるものとします。

第3条(録画・録音サービス)

  1. ソニーは、お客様が希望した場合、施設に設置したシステム及び機材を用いて、お客様のパフォーマンスを録画及び録音するものとします。
  2. 録画・録音サービスに用いるシステム、機材、方法は、ソニーの裁量で決定するものとします。
  3. お客様が録画・録音サービスを希望された場合であっても、公序良俗に反するパフォーマンスであるとソニーが認めた場合、ソニー(第2条第3項に定める業務委託先を含む)の裁量で録画及び録音を行わないものとします。
  4. 録画・録音サービスにあたっての必要な許可(パフォーマンスの観客からの録画又は録音への同意を含むがこれに限られない)はお客様の費用と責任で取得頂くものとし、ソニーは何らその責任を負わないものとします。
  5. ソニーは、録画・録音サービスに関し(システム又は機材の故障、ステージの拡張、ステージ外で行われたパフォーマンス又は撮影機材の操作ミスにより映像が録画できていないこと又は音声が録音できていないことを含むがこれに限られない)、何ら責任を負わないものとし、録画・録音サービスに関し、ソニーが第三者からのクレームを受けた場合、お客様の費用と責任でソニーを免責し、ソニーに迷惑をかけないものとします。

第4条(映像・音声販売サービス)

  1. お客様は、録画・録音サービスにおいて録画された映像又は録音された音声を、録画・録音サービスを利用した当日中に限り、施設においてソニーが別途定める方法に従い、ソニーから購入できるものとします。
  2. お客様が映像・音声販売サービスにおいて映像又は音声を購入した場合、ソニーは、別途定める方法に従い、お客様に購入映像等を提供するものとします。お客様は、ダウンロード期間中、購入映像等をソニーが別途定めるWebサイトにおいてダウンロードすることができます。なお、ソニーは、ダウンロード期間経過後は購入映像等を削除することができ、購入映像等を保管する義務を負わないものとします。
  3. お客様が映像・音声販売サービスにおいて映像又は音声を購入しなかった場合、ソニーは当該映像又は音声を削除することができるものとします。
  4. お客様が映像・音声販売サービスにおいて映像又は音声を購入した場合、購入映像等について、著作権がソニー又は第2条第3項に定める業務委託先に発生する場合、ソニー又は当該業務委託先は、直ちに当該権利をお客様に譲渡するものとします。ソニー又は当該業務委託先は、購入映像等をお客様が自由に使用又は処分するに際し、著作権法上の第18条乃至第20条に定める著作者人格権を行使しないものとします。
  5. お客様は、購入映像等を使用するにあたり必要な第三者(全世界の著作権管理協会、楽曲提供者、作曲者、作詞者、演奏者を含むがこれらに限られない)の同意または許可をお客様の費用と責任において取得するものとし、ソニーは何らその責任を負わないものとします。
  6. ソニーは、映像・音声販売サービスに関し(購入映像等が確実に購入できること、画質または音質がお客様のご要望に合致していること、第三者の権利を侵害していないことを含むがこれに限られない)、何ら責任を負わないものとし、お客様は、購入映像等の使用に関し、第三者からのクレームを受けた場合、お客様の費用と責任でソニーを免責し、ソニーに迷惑をかけないものとします。

第5条(対価)

  1. お客様は、映像・音声販売サービスにおいて映像又は音声を購入した場合、別途定める本サービス利用の対価を第2条第3項に定める業務委託先が別途定める方法により、当該業務委託先を通して、ソニーに対し、支払うものとします。
  2. ソニーは、ソニーのシステムの不具合又は購入映像等のファイルの不具合により、購入映像等の再生ができないことが判明し、お客様がダウンロード期間終了後7日以内に当該不具合についてソニー所定の方法に従いソニーに通知した場合、当該不具合を解消した購入映像等をお客様に対し提供するものとします。当該不具合を解消した購入映像等を提供できない場合、お客様に対し、第1項の対価を、別途定める方法で返金するものとします。

第6条(免責)

  1. ソニーが本サービスの提供について負う責任は、本規約に定める事項・内容に限られるものとし、特別な事情からお客様に生じた損害、お客様の逸失利益、第三者からお客様になされた賠償請求に基づく損害、その他お客様が本サービスを使用できなかったことによる損害については一切の責任を負わないものとします。
  2. ソニーは、録画・録音サービスで録画した映像又は録音した音声データの消失(ソニーによる削除を含む)、第三者による改ざんに関し、お客様に対しいかなる責任をも負わないものとします。
  3. 本サービスの提供に関し、ソニーがお客様に対して損害賠償責任を負う場合であっても、ソニーの責任は第5条に基づきお客様がソニーに支払った金額の総額を上限とします。

第7条(解約)

ソニーは、お客様に以下の各号の一に定める事由が生じた場合、サービス提供期間の満了を待たずに本サービスの提供を停止することができるものとします。

  1. 本規約上の義務に違反し、相当な期間を定めて義務の履行を催告しても履行されないとき。
  2. 差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申し立てを受けたとき、または公租公課の滞納、催告もしくは保全差押えを受けたとき。
  3. 振り出した手形もしくは小切手が不渡りとなったとき、手形交換所より銀行取引停止処分を受けたとき、支払の停止(第三者に対する一度の金銭支払い債務不履行を含む)があったとき、または支払不能の状態に陥ったとき。
  4. 破産、特別清算、民事再生もしくは会社更生の手続開始の申し立てを受けたとき、または自らこれらの申し立てを行ったとき。
  5. 第8条または第10条の規定に違反したとき。

第8条(反社会的勢力の排除)

  1. お客様は、自己および自己の取締役、執行役、執行役員等の経営に実質的に関与する重要な使用人、実質的に経営権を有する者が反社会的勢力に該当しないことを表明し、かつサービス期間中該当しないことを保証するものとします。
  2. お客様は、本規約の履行に関連して自らまたは第三者を利用して以下の各号に該当する行為を行わないことを、ソニーに対し、保証するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計または威力を用いてソニーの信用を棄損し、またはソニーの業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

第9条(個人情報取扱い)

ソニーは、本サービス提供の過程でお客様がソニーに提供するお客様のメールアドレス・お客様が本サービスを利用する際にソニーが記録する履歴(以下これらを総称して「顧客個人情報」といいます)について、次の定めに従い取り扱うものとします。

  1. 顧客個人情報は、以下の目的にのみ利用するものとします。法令により認められた場合を除き、あらかじめお客様の同意を得ることなく、以下の目的以外で利用しないものとします。
    1. 本サービスの提供
    2. 本サービスの向上のための参考
    3. 本サービスに関する意見や感想の提供を依頼するため
  2. ソニーは、前項(1)に定める利用目的の達成のため、お客様のメールアドレスを、施設を運営する事業者に提供できるものとします。なお、この場合の個人情報の管理責任者はソニーとします。
  3. ソニーは、顧客個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、不正なアクセス、改ざん、漏えい、滅失、き損などを防止するため、現時点での技術水準に合わせた必要かつ適切な安全管理措置を講じるものとします。なお、ソニーは、利用目的の達成により保管の必要がなくなったと判断した場合、顧客個人情報を速やかに消去するものとします。
  4. ソニーは、以下の場合を除き、お客様の事前の同意を得ずに、顧客個人情報を第三者に提供しないものとします。
    1. 第1項に定める利用目的の達成のために、必要な業務をソニーが他社に委託した場合で、当該委託先に対して顧客個人情報の提供が必要な場合(なお、ソニーは委託先を十分な個人情報セキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、契約等を通じて、必要かつ適切な監督を行うものとします)
    2. 司法機関または行政機関から法令に基づく要請を受け、要請理由が妥当と判断した場合
    3. 人の生命、身体、財産を保護するために提供する必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
    4. 合併、会社分割、事業譲渡その他の事業承継の場合
  5. お客様が顧客個人情報について、照会、修正、消去、またはユーザーサポートの提供の停止を希望する場合には、以下の連絡先に連絡するものとします。ソニーは可能な限り速やかに対応するものとします。
    • [https://contact.isuca-pj.com]
    • 顧客個人情報の保護管理者は以下の者とします。
    • [ソニー株式会社 isuca事業室 カスタマーサポート担当者]

第10条(譲渡禁止)

第4条第4項に定める他本規約において明示的に定められている場合を除き、お客様は、本サービスに関する自己の権利の全部もしくは一部を第三者に譲渡または担保に供してはならないものとし、かつ、本規約から生じる自己の義務の全部もしくは一部を第三者に引き受けさせてはならないものとします。

第11条(その他)

  1. 本サービスに関しお客様・ソニー間に紛争または疑義が生じた場合は、その都度お客様ソニー誠意を以って協議し、解決するものとします。
  2. 前項に定める協議にて解決できない場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

お問い合わせ

PAGE TOP